色付きのブラケットが誕生

オプションとして、留め具を透明にしたり色のついたブラケットにしたりできます。カレーといった色つきの料理を食べてもカラーのブラケットなら目立ちません。

ブラケットの選び方

丈夫さにこだわるなら金属

矯正歯科で最も使用されるのが金属ブラケットです。非常に丈夫で、装置の破損はほぼありません。表側矯正の場合、色々な症状に合わせて治療できるので選ぶ人が非常に多いです。

アレルギーがある人

金属アレルギーの場合は、審美ブラケットで安心安全に治療ができます。特徴としては不正咬合に対応できることですが、強度は金属よりも劣ります。

痛みを和らげたい

感じ方はそれぞれですが、痛みに対して恐怖を感じる人は矯正中の痛みを軽減するブラケットがオススメです。痛みを減らすだけでなく、歯を効率よく動かすことができるので治療期間も若干短くなります。

使い分けたい時

人の目に入りやすい上の歯を裏側矯正で、下唇で隠れる箇所を表側のブラケットで対応するといったやり方も可能です。裏側矯正一択で行なうより費用が安くなります。

舌癖を治したい

慣れるまで違和感がありますが、舌癖を治すなら裏側矯正が良いです。虫歯になりにくく、改善が難しい舌癖も治療を続けることで自然となくなっていきます。費用は高くなりますがやる価値は十分あります。

定番と最新の治療法

歯科矯正

ブラケット治療

スタンダードなやり方で様々な症状を改善するのがブラケット治療の特徴です。各歯にブラケットを装着し、ワイヤーを通して行ないます。実績が多く、十分信頼できる治療法だといえるでしょう。上顎前突や過蓋咬合、上下額前突に向いています。

ダイレクトボンディング法

空隙歯列は、歯を全体的に移動して治療をするものとは異なり歯科で使われているレジンを盛り付けて歯の隙間を埋める治療になります。ブラケットを使うよりも簡単で負担が少なく、多くの人が受けているやり方です。

マウスピース

ブラケットだと、治療が完了するまで器具を付けていなければならず不便に感じますが取り外しができるマウスピース矯正だと食事の時や寝る時自由に取り外すことができます。また、ブラケットに比べてケアがしやすいですから虫歯になりにくくなります。比較的軽い症状に向いているでしょう。

ハイブリット矯正

ブラケットと裏側矯正、マウスピース等を使って行ないますが、口腔状態によっては各治療を組み合わせて行なう必要があります。その時に用いられるのがハイブリット矯正になります。より理想的な歯並びにできるとして富山の矯正歯科医院でも注目が集まっています。